本格派 ネイルアート@ネイルアーティスト


ネイルアートの種類

ネイルケア

ネイルケアとは、爪の表面の凹凸をなくしたり、装飾を繰り返して傷んだ爪の手入れを施して、ネイルアートが施しやすい状態にすること。

マニキュア

マニキュアとは、爪の表面を塗装する事、またはそれに用いる塗料を指す。
ネイルアートの代名詞。

付け爪

付け爪とは、地爪に貼り付ける人工爪の事。
爪への保護作用は小さいですが、家事や仕事、校則などで普段派手な装飾が出来ない人や、体質などで爪を長く伸ばせない人もTPOに合わせて自由に爪のおしゃれを楽しむ事が出来ます。

爪を失う、または復旧が難しい、マニキュアなどでは隠し切れない爪の変色を隠す目的でも用いられ、老人介護や医療の場、ホスピスケアなどでも用いられています。

付け爪の種類

ネイルチップ 
いわゆる付け爪といえばこれを指します。
付け爪の本体となる板。
多くはプラスチック製ですが、木製、ガラス製、金属製なども用いられます。
個人の好みや指・自爪の形に合わせてさまざまな大きさや形状のものが市販されています。
両面テープや専用の接着剤で自爪に貼り付けて使用します。
マニキュアと違い乾燥を待ったりする必要がなく、あらかじめデザインされている物をトックしておく事が出来るため、気分や場合場面によって手早く脱着して対応できます。
有名なネイリストのデザインした作品を購入すれば、遠のネイルサロンに行かなくても独創的に爪を彩る事が出来ます。
スカルプチュア 
可塑性の素材を爪の上に直接塗りつけて付け爪を形成します。
粘土細工のように立体的な造形をする事もできます。
補助医療目的で変形変色した爪を再生、保護する目的で用いることもあります。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。